持ってみるとこんな感じ!た〜っぷりと入る大きさでしょう?

「ha-na はな」 のネーミングが、ほぉんとにぴったり!こんな丼、今までなかった!

底もしっかりデザインされているのが、修平さんの作品の特徴!

深さもたっぷりあるので、ごはんも麺もたくさん入ります! あえて、ちょこんとおかずを盛るのも美味しそう!